組合歴史 平成元年~

  組合員数 理事長 青年部会長 主  な  事  業
平成元年 907     ガラス施工技能検定試験 TBSテレビの取材を受ける
平成2年 893     東京都労働経済局商工指導課の組合診断を受ける。 第1回ボーリング大会を開催
平成3年 876     板ガラス業界7団体が安全ガラスに加え複層ガラス、鏡の普及委員会を設立
平成4年 864 西村 好展
(10代)
河村 徹
(5代)
4年、5年にわたり組合会館の増築、内外装の改修工事を行う、
賦課金年額36,000円に値上げ
        安全ガラスを幼稚園、保育園等に寄贈
        9代会長の河村義三氏 勲五等瑞宝章を受章
平成5年 839     11月25日組合創立50周年記念式典「ホテルニューオータニ」で開催
        第1期機能ガラス普及キャンペーンへの協力
平成6年 799 佐久間 常雄
(11代)
茂木 慎一
(6代)
第2期機能ガラス普及キャンペーンへの協力、第15回家族スキーの集い
        新組合本部旗を西村好展氏が寄贈
平成7年 763     卸店の統廃合が始まる。JH道路公団通行料別納制度の導入 
第10回展示即売会を開催
平成8年 739     大型特約店の倒産
平成9年 709     板ガラス製品の値上げ、機能ガラスの出荷量増加、グラスマンハンドブック作成
        青年部会20周年記念ボーリング大会
平成10年 686   明石 哲也
(7代)
機能ガラス「グッドリビングショー」に出展、板ガラスフォーラムの開催
平成11年 660     板ガラスメーカーの改革(生産ラインの休止、特約店の統廃合、人員整理等)
        機能ガラスのキャンペーン、板ガラス3メーカーの値上げ、
第2回板ガラスフォーラムの開催
        佐久間 常雄氏 勲五等瑞宝章を受章、青年部「パソコン講習会」開催
平成12年 619 坂内 信友
(12代)
坂内 英明
(8代)
機能ガラス普及推進活動、「機能ガラス販促用チラシ」作成、
第3回板ガラスフォーラムの開催
        青年部「情報化講習会」を開催
平成13年 594     「ガラスタウン」の立ち上げ、「都硝協スタート21」提案を提出
        機能ガラスの講習会を開催 第4回板ガラスフォーラムの開催
平成14年 557     防犯ガラスの普及、組合会館の家賃収入の減少、
第5回板ガラスフォーラムの開催
平成15年 536     第6回板ガラスフォーラムの開催、八八会 四〇周年
平成16年 511   鷲尾 真一
(9代)
全硝連会長に坂内理事長選出される、メーカー3社2回目の値上げ、
高機能ガラスのPR
平成17年 495 永島 光男
(13代)
  再開発業者の動き活発化、坂内理事長3/12急逝、
第8回板ガラスフォーラムの開催
平成18年 483   小山 岳史
(10代)
第9回板ガラスフォーラムの開催
平成19年 467     3月、日本橋浜町のビルを新組合本部に決定、7月に移転
        第10回板ガラスフォーラムの開催
平成20年 445     グラスマンハンドブックの改正頁とバインダーを発送,定款改定委員会発足
        第11回板ガラスフォーラムの開催
平成21年 424     支部活性化資金支給、会館運営委員会発足
平成22年 396   五十畑 賢一
(11代)
組合公式ホームページの開設
厚生事業 明治座観劇会を開催
平成23年 380     厚生事業 日帰りバスハイク開催
初心者向けパソコン講習会開催
平成24年 366   桂川 茂昭
(12代)
総務特別委員会設置
平成25年 345   訓練校 2年生のみ実施
平成26年 333   厚生事業 家族スキーの集い開催
永島光男氏 秋の叙勲で旭日小綬章を受章
平成27年 315   2月 第28回技能グランプリ開催、
   ガラス施工職種 東京都代表 今村氏が優勝(厚生労働大臣賞)
2月 厚生事業 家族スキーの集い開催
11月 厚生事業 日帰りバスハイク開催
平成28年 305 松原 嘉一
(14代)
上柿 勝宏
(13代)
全硝連青年部会が再編される。
3月 訓練学校第47回生5名卒業
5月 訓練学校第48回生8名入学
平成29年 302 2月 第29回技能グランプリ開催、
   ガラス施工職種 前回に続き東京都代表 今井氏が優勝(厚生労働大臣賞)
5月 厚生事業 日帰りバスハイク開催